しろんだの 山すそに住む ホトトギス

  ほととぎす 鳴くや五月の あやめぐさ あやめも知らぬ 恋をするかな 読み人知らず(古今和歌集)

三浦半島の横須賀に生まれ育ち 「時々の初心忘るべからず」と余生を故郷で過ごしている老人がはじめたHPで虚実交錯する錯誤修正の日々の記録を公開してます。 30年の時空の移ろいはありますが、横須賀は都心から近からず遠からず安心・安全な街だと住んでみて改めて感じるこの頃です。 今まで10回引っ越し、 東京・横浜・大阪・福岡と大都市で生活して横須賀の話になると基地の町という先入見があるように思います。 情報の生息領域は三浦半島が中心になりますが、検索の途中で立ち寄られ見て読んで聞いて、話題になりそうなら半島土産にお持ち帰りください。 馴染みのない地名・言葉が出てきます。古くから地元の団塊世代では、通用し使い慣れた言葉です。この「しろんだ」はネット検索しても正解はありません。 「城の台」が訛ったというのが流布していますので、私もそう考えています。他にも、情報の発達した現代にかかわらず、 だからこそ埋没して由来のはっきりしない言葉が随所に書かれています。 それが面白いし、興味を抱いたら調べてみたらどうでしょうか。判らなくても流してお読みください。

目次 →BGM(クリックで消音できます。)

谷戸の掲示板/しろんだ美術館/生活の哲学/日常の写真風景
趣味の部屋
花と昆虫の写真箸袋の部屋マンホール写真トイレの話湘南ファーム日誌

表紙へ

5月15日(土) 快晴
汗ばむ陽気の中、畑に行く。水の補給と様子見。NKさんが補給してくれている。ジャガイモなど収穫を迎えているカブがある。残り30日だ。計画的に収穫したい。
汐入も昼は混雑している。夜だけ酒だけが要因ではない気がする。最近の感染者の急増は市民の気の緩みもあるのではないだろうか。20才未満も多い。あと2週間ひたすら孤食に耐える。

今日の畑の様子
5月14日(金) 快晴
中央の人出は少ない。昼のカフェはどこも満席に近い。勉強している若者も多い。自宅より短時間で集中でき効率もよい。私がそうだ。
 今年また 緑の木々は 陽に燃えて 日陰の装い 涼風そよぐ
 今までも これからもまだ ノーマルな 生活の糧 マスク手洗い
 環境に 慣れる人類 DNA マスクに代わる 器官の進化
 乗り越えた 国境のない ウイルスに 変異の逆襲 応戦進む
 ウインドに 映る葉陰や 青空に 光り遮り 涼をとどける

アトカトラズからの脱出を観て
 生きている 希望を繋ぐ 声はなし 見えぬ人影 気配はないが
風呂から出た後、メールが来た。五反田の展示が、今日デイリースポーツ系「よろず~ニュース」で配信されたという。早速確認した。詳細は「箸袋の部屋」で紹介する。
 
5月13日(木) 小雨
終日、霧雨が止まない。気温も20度なく肌寒い。梅雨入り前で畑にはよいかも知れない。昨年もそうだが、自然は太陽と水で出来ている。昼前にNKさんが麦ご飯を持ってきてくれた。収穫の麦を全て差し上げたので、催促した形になってしまった。お返しは勘弁して頂く。蕗が700gも取れたが全て伽羅蕗にして保存食にする。冷蔵庫の中が収穫の野菜でいよいよ自炊するしかなくなった。自宅にいても刺激も無く歌も浮かばない。昨年は自粛期間で数だけは詠んだのだが、今年は気分がのらない。これもストレスかな。コロナは昨日今日と一気に拡がりを見せている。第4波が来てのか。
 
5月12日(水) 晴れ
昨日の収穫した少しの野菜を処理した。今日からの自粛生活で自炊でもして楽しむ。同時に庭のフキをかなり間引いて、こちらは伽羅蕗にするつもりだ。野趣が溢れるが、野菜として使えるまでの手間が掛かる。
今日から横須賀も非常事態状態になる。中央や近くの居酒屋は月末まで休業になる。バイトは手当などないだろうから気の毒だが、今更他のバイトも直ぐには見つからないだろうな。生活用品やコンビニで乗り切ることになるのか。昨年に経験したので何とかなる。特定健診は早速予約した。いつもの保健所は検診の内容が、コロナ過で看護師など手が回らないのだろう。不十分なので、新しい病院にした。ここにも皺寄せがきている。比較的感染率が低い地域にも。
 
母の日の贈り物?
5月11日(火) 曇り
畑に行く。NKさんにお願いして一緒に収穫する。ジャガイモ・二十日大根・からみ大根を少し収穫する。水遣りをして残る野菜を残る時間で成長・収穫したい。街は静かで行交う車も少なく続くコロナがジワジワ効いてきている気がする。
5月10日(月) 快晴
101回目の畑に行く。OGさんからジャガイモの収穫を勧められる。
 真夏日に 垂れる麦穂は 寂しげに トンビ輪を描き 我を友とす
 金色の 麦穂ゆらゆら 昼下がり 影が一閃 シロチョウ逃げる
 青空に トンビくるりと 稜線を 陣地見下ろし 風を従え
 畑仕事 カウントダウン せわしなく 心残さず 緑陰望む
 青い空 緑の山波 白い雲 金色の穂に 影が過ぎゆく
 日々新た 畑の細道 通りゃんせ 刈っても負けぬ 名も無い友よ

5/10の麦畑 
5月9日(日) 快晴
NKさんから頂いた麦ご飯を握り飯2個にして朝昼で食べた。麦と米のハーモニーを味わいながら食した。麦の甘みがじんわり舌を通して伝わる。焼き海苔を蒔いたシンプルで贅沢な食事になった。畑の野菜を付け合わせでおいしい一時を経験した。YMさんの都合で畑に行かなくなり、外出もせず終日自宅でBGM流して新聞・読書とネットニュースを見ながら過ごした。

麦ご飯
5月8(土) 快晴
昨日一昨日の静けさから一点賑やかな週末が戻ってきた。再度の自粛延長がうそのように中央・汐入は混雑していた。今日コロナワクチン接種の手続き案内か来た。休み明けが80+、65+が中旬からだ。ようやく日程が決まりだした。我々団塊世代が終わらないと始末は付かない気がする。
 街は今 復活のとき そこかしこ 狼煙があがり にぎわい戻る
 待ちに待つ 命をつなぐ 注射かな 嫌いな針も 受けるしか無い
 蘇る 今しむら魂 プロの技 年をまたいで おさえる気持ち
 一年前 しむらと岡江 ニュース見る 目は点になり 怖さ半端なし
 くち直し 酒かビールか アルコール どちらにしても 酔いつぶれ也

NKさんから麦ご飯を頂いた。一口食した。美味しい。さすがに米と一緒に炊いてある。。やはり、麦を乾燥状態にして叩いて殻や余分なものをのぞいたようだ。それにしても手間暇掛けて作って頂き感謝感謝だ。明日半分YMさんに差し上げたい。日ノ出町も無いし、木古庭にいるようだから会えるだろう。

トウセンダン、
今年も花が咲いた。
5月7日(金) 曇り後小雨
朝からはっきりしない空。小雨が降り傘はいらないがすっきりしない天候は気持ちを憂鬱にする。BGMを聴きながらのんびりする。弟が帰った後も何をするでもなくだらだら過ごし、小雨の中、夕食に出る。帰宅しても気分は小雨のように晴れない。こんな時は寝るに限る。
 
5月6日(木) 薄曇り、時々晴れ間
弟が泊り、大事な話があるわけでもなく、音楽掛けながら互いに自由に過ごした。バイクの音で郵便が来たと判る。晴れ間が見えてきたので外出、途中から弟と合流して飲みながら食事。
 エンジンの 音で日常 戻りたる ポストをのぞく 始まり嬉し
 心地良い 風が肌射す 薄曇り 連休明けて 街は落ち着く
 人混みが 戻る嬉しさ 楽しげに 語らう老いの 笑顔がすてき
 いいですか? タバコ片手に すいません 笑って突っ込む 芸人じゃない

畑のカブを水耕栽培
5月5日(水) 快晴
弟一家が来た。何と言うことのない会話で、弟と酔っ払いながら話した。偶には良いもんだ。昔話の後消息確認をした。互いに鬼籍に入った人が多くなり順番とはいえ寂しい。
 
5月4日(火) 快晴
始めてウグイスをカメラに収めた。朝鳴声で目を覚ますが、ベランダのガラス戸を開けようとカーテンを開けると逃げる。今日はそっとカメラをカーテン越しに構えて姿をとらえた。畑に行く。途中でOGさんと友人に会う。晴天の陽射しの下でにおにぎりを食う。あと40日で終わる。この畑では。次をどこにするかは決まっていない。行きのバスで「音が大きいですが、マフラーに溜まった煤を高温で焼いているので音が大きいです。」と運転手が説明していた。言われるまで気にしなかったが、今は気にする人がいるのだろう。バスの中では、子供達が旅行気分で騒いでいた。
 今どきは 大きな音を 説明す いつもと違う 些細なことに
 何の音 いつもと違う 大きいな 反応過敏 コロナのせいか
 ホーホケキョ 声はすれども 姿なく はずかしがりや 俺に似たかも
 人影の ない連休に 我がもので 鳴いて騒いで 写真もOK
 今日だけと 姿さらして 鳴きにける ひとりの朝を 癒やすひととき
 家族連れ 楽しい休日 背にバッグ ウキウキ会話 ついつい大きく
 路線バス 大人は普通 通い慣れ 子供は大きな 旅行気分で
 
始めてウグイスを撮った。
いつも鳴声で起きる。
5月3日(月) 快晴
連休中日。中央は混雑。車も渋滞し、バスも遅延している。反動は連休明けにコロナ感染者の急増という形で出なければと願うばかりだ。五輪も最後の望みを絶たれないことを祈る。
 耐えきれず 手頃な街へ 連休を 楽しむカップル ケンカするなり
 近からず 遠くない街 横須賀は 手近に遊び チョット一杯
 注文に 一喜一憂 カップルは 楽しい会話 聞くも楽しい
 女性用 きれいなトイレ 二階です 案内するも よって判らず
 ヤバい!これ ホタルイカ大きいよ まだいたよ 箸持ちつつ最後の一口
 若カップル お父さんと呼ぶ 夏おんな しゃべりたおして トイレ戸惑う
 ババァだよ この23年 自覚する 若い娘入り 肌の違いを
 お父さん 私のこと好き 飲むのダメ 酔っ払いの痴話げんかなりや
 
5月2日(日) 快晴
いつもの日曜日。朝刊のクロスワードを解きながら食事。収穫したカブの処理。食べきれないほど収穫出来るのも大変だ。苗はよいが、種は数が多い。発芽率もあるが間引きを怠ると、小さくて育ちは悪いが、もったいないので棄てられない。
 種からの 発芽率さえ 低くても 個人的には 手に負えぬ也
 
5月1日(土) 晴れ後雨
NKさんの車で畑に行く。の前にホームズで、苗と種を買う。苗はピーマン3種と唐辛子。種は小松菜と水菜だ。あと40日で収穫出来そうな野菜を選んだ。そして、赤カブとラディシュと二十日大根は収穫した。ほとんどはNKさんに差し上げた。私は畑仕事が好きなのだ。体を動かして汗をかく。収穫をした野菜は無論処理するが、差し上げる方が好きなのだ。
それにしても、往復の混雑は異常だ。県外車が列をなして渋滞していた。東京と横浜が緊急事態宣言を出しているからなのだろうy。横須賀・三浦半島は安心だと思われているのかも知れない。困ったもんだ。遅れて感染者が多くなりそうだ。やはり3年は続きそうだ。ワクチンが行き渡る頃には収まるかも知れない。
 

 過去の日記  見出し 年計 青虫(内卵)
 2021年05月  意識しすぎたかな。山梔子のネットをどうするか。 37 462  
2021年04月  和歌のお題『窓』を意識して詠む。 96 425  
2021年03月  3年目で自己流では詠めている。 108 329  
2021年02月  半年で500首詠み、1首を選択する。 106 221  
2021年01月  今年は歌会始めに応募する。 115
2020年12月  年初改め100首/月。とにかく完走。 123 1226  
2020年11月  今月で目標は達成。中身は二の次で数のみ。  159 1103 199(140)
2020年10月
 近代歌も良い。今月の目標は100+である。 259 944 5(0)
2020年09月  授衣には早いが、切替えの大事な季節だ。 43 685 55(41)
2020年08月  今年の歌会始は辞退というか、力不足を感じる。  82 642 30(19)
2020年07月  歌は500首/半期達成した。畑の部屋を作ることにする。 57  560 38(26)
2020年06月  普段の生活への第一ステップ 64  503 71(54)
2020年05月  今月も外出の自粛。閑だといって歌を詠めるものでもない。 128 439  
2020年04月  今月も不要不急の外出は控える。  96 311  
2020年03月  3年目に入る。先生に約束した初心に立ち返る 84 215
2020年02月  和歌を意識したら詠みにくい。最初の壁か。 53 131  
2020年01月 1000首/年が目標、まだ数だけの修行 30日現在 78  
2019年12月 今年は872首。正月に年間の代表作を選ぶ。 123  872  
2019年11月 禁酒禁薬筋トレ、青虫181個体+α(クモ・カマキリが捕食)  103  749 181(-)
2019年10月 今月は、禁酒・禁薬・粗食・筋トレ。来月以降も 70  646 2
2019年09月  この1年確実に筋肉は付いている。目標はまだだが。 82  576 26
2019年08月 万葉集は恋歌が多い。本歌どりは難しい。 93  494 14
2019年07月 歌というより狂歌に近いが、継続している。 79  401 81
2019年06月 歌が120首を超えた。万葉集を始めたから? 161  322 58
2019年05月 令和元年始まり,トラッキングの勉強開始。 51  161  
2019年04月 平成最後の月、令和発表 34  110
2019年03月 丁度開設1周年。2018年3月5日。 50  76
2019年02月 音楽を流し始めた。 21 26
2019年01月 時には歌だけを掲載することにした。 5    
2018年12月 スクロールして新年の挨拶をや情報掲載を始めた。      
2018年11月 アイテム数が1500を超え、BKUPに時間がかかる。      
2018年10月 1年前に久里浜の教室で初めて1年。      
2018年09月        
2018年08月  半年たち足りない部分が分るも手付かず。      
2018年07月        
2018年06月        
2018年05月 旅行も含めて、後日掲載にした。      
2018年04月 ここからがスタート、4月15日は旅行で休み。      
2018年03月 3月5日に契約したので、実質的な開始日になる。      
2018年02月
準備期間だが覚悟を決めるには充分過ぎた。      
2018年01月 手探り状態で日記をつけ始めて開始した。      

copyright 2018 SHIRONDA© all rights reserved